松明が何か書きたくなったときに勝手に更新するblogです。
松明ブログ
G600rの分解重り除去とG510sとの相性
2016-10-10-Mon  CATEGORY: 音・映像関係の機材と配信設定
Logicoolの多ボタンマウスG600rの中に入っている重りを分解して取り除いたレポです。G510sとの組み合わせレビュー記事でもあります。併せてどうぞ。

※分解するとメーカー保証対象外となりますので自己責任でお願いします


logicool公式サイト
G600


amazon LOGICOOL MMOゲーミングマウス G600r

(G600rはG600の再販モデルという話で物は同じだそうです)


amazon ロジクール ゲーミングキーボード G510s
G510s


4Gamer G510レビュー記事
http://www.4gamer.net/games/023/G002336/20101005016/




G600の横腹に付いたおびただしい数のボタン。以前から8ボタンマウスを使っていたけれど、2+6つでは足りないと思っていたので前々から気になっていました。悩みましたが物は試しとG600rとG510sのシナジーに期待してこの2つを購入。色々気になる事は出てきましたがしばらく使わないと結論は出せないだろうと使ってました。
気になる点を書き並べてみます。


・G600rのサイドボタンにG510sのGキーを割り当てる事は出来ませんでした(これに言及しているサイトは見たことがない)

・G510sのキーが想像以上に打ち辛く(力を入れて打鍵しないと引っかかって入力されていない事が多い)、角度や位置を工夫しても評判のいい1000円クラスのキーボードに負ける(これは痛い)

・G510sの中央ディスプレイで出来る事がとても少ない(もったいない)

・G600rのボタン数は実は見えてる数(12+2+1個)の約2倍以上( {(12+1)*2}*3個 )だった(そんなにあっても逆に困る)

・G600rは素早く正確に動かすのは少々厳しいのでゲーム用には別マウスが必要(想定内)
・G510sは文字書きには不向きなのでそれ用に別キーボードが必要ぽい(G510sは何の為のキーボードなんだろう?)

・なんだかんだハードウェアマクロは便利(ただ18個*3モードはもてあますかも)

・G600rが想像以上に重くて薬指が痛くなる(中に重りが入っている)


さて、このうち最後のマウスが重い事については中の重りを取り除けば軽量化出来るそうなのでやってみましょう。

内容としては
watchmono http://watchmono.com/blog-entry-2302.html
さんの
ロジクールのゲーミングマウス『G600』を軽量化してみるを試してみたよ、という内容です。
以下画像でさらっと行きます。


※分解するとメーカー保証対象外となりますので自己責任でお願いします






分解前に計量。175g。



分解前の裏面。



使用した工具。この3つだけで問題なく出来ました。



カッターで縁を何度もなぞった後、値札のシールを剥がすようにゆっくり引っ張ってみたところきれいに剥がれました。



うまく縁の糊を剥がせるとこれぐらいきれいに出来るみたいです。



下側はやや失敗。といっても問題ないみたい。開始前に思っていたより簡単でした。



あとはこの4カ所のねじをはずすだけ。



特に無理な力を加えなくても開いてくれました。



これが憎き重りですね。



マウス裏面のねじより径が大きいので大きいドライバで外しました。



この重りは底になにがあるわけでもなく本当にただ重りとして着いていました。



手で持ってみると本当に重くてビックリしました。こんなの付けるなよというのが本音です。



数字にして35gほど。



量りの微調整が上手くいっていなかったのか全部終わった後量ったら30gでした。数字にすると軽く思えるのは不思議ですね。



何か接着剤がいるかと思ったのですが糊がそのまま使えて指で押さえたら問題ありませんでした。今blog記事書いてる間も問題なくマウス使えています。



終了。



重りを取り除いて143gほどに。



マウスだけだと110g。



重り除去前が140gなのできっちり30g軽くなっていますね。



良好です。






G600rの保持は親指、薬指小指で支えているのですが重りを取り除いてからは重すぎてきついという感じは今のところしません。このまま様子を見てみたいですね。
G510sは、キーボードがもう少し打鍵しやすければよかったのですが……。それまで繋ぎで使っていた1000円クラスのもの以下という感触なのでとても悩ましいです。ゲーミングモデルなのに静音なのはとてもありがたいのですが、いっそバックライトも無しで機能特化にして欲しかったというのが本音です。

現状はG600rとMX518を併用しつつG510sを使っていますが、G510sはマクロ用と割り切ってキーボードをもう一つ買うのがいいかなと思い始めています。
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/01 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 松明ブログ. all rights reserved.