松明が何か書きたくなったときに勝手に更新するblogです。
松明ブログ
コードギアス反逆のルルーシュ R2 全話視聴完了
2011-08-10-Wed  CATEGORY: ゲームとオタク文化
ちょっと前に姉が見て面白かった、のようなことを言っており
「どうせ女性向けなんでしょ?」
と言ったところ
「いや……そんなことはない」
と返され、おおよそのあらすじを聞いたところ、確かに面白そうだった。
しかし途中でロボットモノだということが判明して

「は!? 今のあらすじの中でロボットものである必要を微塵も感じなかったんだけど!?」

と思い、なんだかなあ……と思って結局そのときは見なかった。
今なら同じ事を聞かれたらこう答えるだろう

「いや……サンライズなんだ……(苦々しい顔で)」

これで納得してくれるだろう。きっと(何を?

さて、しかし本格的にコードギアスが気になってきたのは、ある日大須に行ったときにたまたま立ち寄ったまんだらけの同人コーナーでなにとなくフィーリングで買った同人誌(再録本、結構高かったので迷った)にコードギアス話が入っていた事だった。その人、「この人絶対プロだろ……」というレベルの話構成と絵の上手さとギャグセンスとエロ描写の加減(ただエロけりゃいいってもんじゃないという事をよくご存じの方でした)で、アーニャなるキャラとオレンジが気になりすぎてコードギアスが気になってきたのであった。

その後ネットである人とコードギアスの話になったときに「面白いよ!」
とまた勧められた。無印とR2がある、ということだったので
「じゃあ無印の方だけでも見てみようかな」
と言ったら
「いやいやいや! R2の最後まで見ないとー!」
とのことだった。ふむ、そんなに面白いのか。と、視聴してみるかなあ、と思い始めていたところで
先日GEOにて何を借りるか悩み店員さんを捕まえて「オススメのものはありませんか?」と聞いたところ
「ウチだとこれが人気ありますね」
といってコードギアスを勧められた。
たしかに棚を大量に占領して、1巻につき6組ぐらい用意されているのにその半分ほどが借りられていた。人気の程は確かのようだ。
ならば、と思い1巻には1話しか入っていなかったので1巻と2巻を借りてみた。


帰って見てみたところ……
1話の冒頭からして既に面白い匂いがプンプンしてました。
2巻を見たところでもう次が気になって仕方がない。
同時並行的に見ていたハルヒとか洋画とか差し置いてコードギアスを毎週3巻ずつ借りていく始末。
そしてようやく今さっきR2の最終話まで見終わったんですね、ハイ。

ではここから先はネタバレ全開ですのでお気を付けて。


 ***********************************************************

もう細かいところは覚えていませんが、とりあえず順を追って。
これだけの登場人物が出てくる話をこんだけそれぞれのキャラを立てて見せるのは凄いと感心してしまった。
いや、ルルーシュのキャラが経ちすぎてて他が霞んでるんだけどそれはいい。だってルルーシュが主人公なんだから(笑)
それぞれいろんなところで視聴者側に「よくわからないけど(←ここがポイント)ルルーシュ凄い!」と思わせる演出をちりばめられるところがなかなかに凄い。
ただ、ルルーシュとナナリーともう一人の重要人物であるはずのスザクが何故か妙に凡庸なキャラになってしまっていたのが残念でもあったのだが……。

しかしシャーリーのエピソードはいいですなあ。
女性キャラで誰が好き? と言われたら、特に居なくて悩むのですけど外見だけでいえばアーニャになってしまうのだけど、どのエピソードが好き? と言われたら文句なくシャーリーの話。
ルルーシュ本人が冷酷無比の様でその実、実に人間らしい感情で動く人物で、悩みながら行動し、どんどんいろんなものを背負っていくのもいいですね。実に良いです。

しかし、ナナリーについてなのですが……正直僕はナナリーは最初にゼロがTVで喋ったのを聞いた時からナナリーはゼロがルルーシュなのだと気づいていると思っていました。
本編にそういう描写はなかったけれど、目が見えないナナリーが、相手に触れる事と、気配と、そしてその聴覚だけで相手を認識してきたナナリーが、そのもっとも愛する兄を、声で識別できないなどということがあり得るか?
カレンなら別におかしくはない。人は目で見える情報や思いこみに簡単に惑わされるから。
だがナナリーはそうではない。彼女は盲目なのだ。そんな彼女がルルーシュの声を聞き分けられないはずがない。
この1点においてのみコードギアスの評価は僕の中で☆5つを付けられない理由になってしまっているんですが……そのうち期待に応えてくれる展開があるに違いない、と淡い期待をしていたのですが、結局その期待には応えてもらう事はできませんでした……残念……。

もう1点、ちょっとこれは強引すぎるんじゃないっすか? という点があるとしたら神根島漂流のところでしょうね。あれはもう……なんか……ご都合すぎて何も言えないレベルなので特に言うことはないです。

さて、無印のラスト。
当初は1期で綺麗に終わっていたらそこで見るのをやめようと思っていたのですが……
エヴァ並に全然話が終わってないじゃないですか! むしろこの話はこれからなのに……!?
だったので当然R2に入りました。
で、「アルェー? パラレルやっちゃうの? どうなの?」と当然思ったのですが
1話ラストあたりで「ああ、よかった」と胸をなで下ろした記憶。
2話で丁寧に説明がされてたので「ああ、サービス結構してもらえるんだなあ……」と感心。
視聴者を置いてけぼりにしないのはよいことですね。
ここでも「どーやってスザクくんは皇帝に謁見できたん? なんか周りに誰もいないんすけど……」みたいな些細な事は気になるんですがそのありはやっぱりどうとでも片付けられるのでこういう部分を放置して見るのが正解のアニメですな、これは。

ところで先述の同人誌だとルルーシュとラウンズ達がブリタニアで一緒に過ごしているような描写があったように見えたので「はて、いつになったら物語の中でルルーシュはブリタニアへ飛ぶのだろう?」と勝手に思っていたのですが、どうもこれはあの本をもう一度読み直す必要がありそうですな……。

R2に入ってから中華連邦(というかMr. Green river light)が参入してきたあたりでなんだかちょっと話が横道それてないかなーと思わないでもなかったんですがそれでもちゃんと最後までおもしろかったので大満足です。
……ただあれだけ伏線張りまくっておきながらラストまで普通に戦い続けてたのはどうなのよ?
とは思わざるを得ませんが。

皇帝の計画が実は「人類補完計画だったんだよ!!(MMR的に)」というのは、「これがエヴァの呪縛か」と思わずにはいられませんでしたが、マリアンヌが普通に出てきたりナナリーが普通に生き返ったりされると見ている側としてはどれがホントでどれが偽りなのか分からなくなってくるのでこれについてはちょっと考えさせられるものがありましたな……。

あとは、ルルーシュが無印の時に自分にギアスをかける、というのをあっさり使ってしまってて
「あれ!? こんなサイドエピソードでこれ使っちゃっていいの!?」
とびっくりしました。それは、「ギアスは1度しかかけられない」という制約上もっと重要なところで使うものだとばかり思っておりましたので驚きました。
が、少し考えると「重要なシーンで自分にギアスをかける事で記憶の改竄等をしてしまうと興が削がれるな……」と思ったのであれはあれで「出し惜しみはナシだ」ということなのかなあ。と思って感心しました。

あとはなんですかなあ。
黒の騎士団が、あまりにもあっさりゼロから翻ったのはちょっと驚きました。
「君達、敵からの情報を鵜呑みにするのかい……?」
と。しかもなんかその後捕縛じゃなくて即射殺しようとしてるし。
まあ演出的にロロが映えるからいいんすけど……。
こういうつまらないところに口を出すと良くないですな……。(といいつつ言わずには居られない)

さて、最終話まで来たところで「これぜってー尺足りないだろ……」と思っていたんですが
ちゃんと終わってたのでよかったですね。
というか、実は以前に某動画でクライマックスシーンを見てしまっていたのですよね、実は。
いわゆる「名シーン動画」的なやつで。
そのときはどういうシーンなのか全くわかってなかったんですが……そういうことだったんですね……。
あれは……うん、あそこで泣けない子はあまりいないと思う。
(ただ、全世界の覇者である独裁最高指導者が殺された後各国が纏まったかについては疑問ですが)


 ***********************************************************

さて、あとはそれぞれのキャラクターについて思うことでもつらつらと勝手に書きまする。

 ルルーシュ
あまりにも魅力的なキャラですなあ。会長よりも体力ないところとか、覚悟を決めたみたいなこと言っておきながらシャーリーの父が死んだぐらいで酷く動揺したり(君今まで何人殺してきたと思ってるのw)あまりのプライドの高さからチェスでキングを取れなかったり……そして、何より自分の取った行動が全てナナリーの為であると言って自分では自分の為だと気づいていなかったり。
そんな弱いトコも含めてずいぶんと魅力的じゃござんせんか。
あと彼について語るなら、非常に感情的なところを持っているにもかかわらず目的の為であれば私情を一切はさまないところ、加えて人に自信の行動を詰問された時に、一切保身に走らず全ての責任を自分で被るところは尊敬に値しますな……。
あれは、もうどうやっても真似できないね。
ユフィにギアスをかけた時の事を一切言い訳しないルルーシュは本当に凄いと思う。
彼の行動原理は、母の復讐と、ナナリーなんだけど、C.Cと出会わなければナナリーとルルーシュは人並みの幸せを得て人生を終えたのかも知れないのになあ、と思うと切ない気持ちにならずにはいられませんな。
まあ全部本人が決めたことですけれども。
それにしても、リフレイン打とうとしたときだけじゃなくて、いつだって全てを投げ出してナナリーだけを護る為に、ナナリーと二人だけで暮らしていく事は、いつだって出来たような気がするんだけど……それをしなかった、彼を突き動かしたモノってのはなんだったんだろうなあ。

 柩木スザク
最初はなんだか凡庸で魅力のないキャラだなあ、と思ってました。
父殺しが発覚したあたりでようやく人間っぽくなってきたかと思ったらユフィに対する復讐でロイドを殴り飛ばしたりし始めて、「おお、おお、ずいぶん魅力のあるキャラになったなあ……」と思ったものでした。
R2の2話で「僕は友達を売って栄進する」と言った時など、これは……! と思わざるを得ないものが。
終盤スザクにルルーシュが懇願に来た時タイトルで既にネタバレてましたが、スザクきゅん憎しみとか知っちゃって一回り大人になっちゃいましたね……と思わざるを得なかった。直後の展開がまあまた面白いんですがそれはまた別の話。
ラスト、彼が超絶マシンガン避けを披露したところで「ああ、さっきの墓はフェイクか!」となり、今後彼がゼロの仮面を被ることを約束され、彼は盟友との誓いを果たす訳ですなあ。
で、個人的にはその後があるとしたら、ナナリーだけはゼロ=スザクに気づいて欲しいし気づけるはずなんだけど、ゼロ=ルルーシュに気づけなかったナナリーに、まあそれは無理かもしんないね……。
と思うと彼が気の毒でならない。
ある意味このアニメで一番気の毒な人かもしんない。

 ナナリー
お前は聴覚で人を識別してきたのではないのかと問いたい。問い詰めたい。小一時間ほど問い詰めたい。
誰よりも敬愛する兄の声を何故別人の声だと思い、いつまで経っても、果ては最後まで気づかなかったのかと責めたい。お前がとっとと気づけば止められたんだぞ、と。
でも気づきつつ兄の意思を尊重しているんだろうなと、そう思っていたのに!
お前は俺の気持ちを踏みにじったァ!!(待て)
ルルーシュがナナリーを愛しすぎてるからなのか僕が男だからなのかは分からないが何故かナナリーに対しては全然悪感情を持たないんだけどこの子よく考えると何もしてないうえにアホの子だぞ。大丈夫か? と今気づいた。
まあ、ラストでようやく動き始めたかと思ったらにーちゃんに全部読まれて優しく「メッ」されちゃった訳ですが……。
しかし、こういう重要人物を生き返らせるのは、やっぱりあんまり良くないと思うんよ、おいらは。
いや、あの時点で死んじゃうのはあまりにもあんまりだから何かあるだろうとは思ったけど、他にやりようはなかったのか? と思わないでもない。
ところでナナリー盲目だって事で、初めは「えっ? それだとナナリーにギアスかけられなくね? どうするんだろう……」と思っていたせいなのか、ラストで開眼しても大して驚かなかった。
物語のあちこちで驚かせるしかけをめちゃめちゃやってるしナナリー生き返っちゃってるから、今更開眼したところで驚かないんだよね……残念なことに。
ルルーシュはめちゃめちゃ驚いたと思うんだけど、それが視聴者(というか僕だけ?)の驚きと同調しなかったのは残念だったかも。
しかしギアスに抗う事に成功した人って覚えてる限りこの子だけだと思うんだけど、ルルーシュにギアスかけてもらうために目が見えるようになったんだとしたらどうなんだ、それは。と思わないでもない。
でも結果的にルルーシュが喜んだだろうからよしとしよう。

 C.C
本当はC.Cについては最後に書こうかと思ったんだけどやっぱり重要な人物順に書きますね。
結局本名が最後まで出てこなかったのが残念だったかも。教えてくれてもいいやん……特に、一時期の記憶を失ったC.Cに、ルルーシュが呼びかけたりとか……あってもよかったんじゃないかなーと思う。
さて、最終話まで見て、C.Cはちゃんと死ぬことが出来たのかどうかが心配だったんだけど……なんか普通に生きてたのな。ええのか。お前はそれで。
あるいは、「もう少し、この世界の続きが見たくなった」のかもしれないなあ……などと勝手に思うことにしておきますか。
教団関係についてはあんまり説明がないんだけど、こういうのって説明しようとすればするほどどんどん胡散臭くなるからあれぐらいでちょうどいいんだろうなー。
無印の時C.Cについて説明が全然ないままにV.Vなんでのまで出てきちゃって、そのまま1期終わった時はぽかーんでしたがちゃんと過去の回想があってよかった。なかったらどうしようかと思った……。
「あなた、騙されちゃったのよ」のシスターも個人的にはなかなか好きなんですが、あのときのわがまま姫のC.Cと今(?)のギャップはいいですな。とてもいいと思います。あのとき何故C.Cが全裸だったのかは分かりませんでしたが……(何か台詞聞き逃したのかな……?)
「愛されるギアス」というのも、羨ましいと思いつつ、「信頼できるのは、シスターだけになった」という話も凄く説得力があってよかったですな。C.Cも途中で、ギアスで愛されるのは間違っている、と気づけたら、よかったんですが……。言っても詮無きことですかね。あるいはOFFに出来ないタイプだったのか。かわいそうですな……。
彼女の契約内容、結局不履行だった訳ですが、うーん……まあ確かにC.C死んでたら視聴者はあんまり嬉しくなかったかもしれんね。僕はよかったね、と思っただろうけど。

 カレン
最初はちょい役だと思っていたんだが……。親衛隊隊長どころか黒の騎士団でゼロに最も近しい存在になってしまったりゼロの正体を知る唯一のメンバーになっちゃったり……うーむ。
序盤のただのテロ組織の組員の時のカレンを見てる限りとてもそんな風になるとはおもわなんだ。
これ最初からそういうつもりだったんかなあ……。だとしたらなんか、してやられました。
彼女とゼロの関係は好きだなあ。羨ましい。
あんまり他に語るべき事はないかもしんない。というより恥ずかしいからあまり語りたくないかも。
いや、別に全然好みのタイプではないんだけど。

 ロロ
R2が始まってすぐ視聴者を混乱渦にたたき落としたであろう彼。しかし、あのハートのストラップは、ロケットだと思ってたのに結局最後まで一度も開くシーンがなかった。ロケットじゃなかったのかよチクショウ!! そこに誰の写真が入ってるのかなあ、と俺はどれだけワクテカしてたと……!!(落ち着け)
ルルーシュの、まずロロを口説き落として観察員達を手中に収めた手際は見事でしたな。
「ボロ雑巾のように使い捨ててやる」って言ってたので「すげー」と思いつつ楽しみにしてたんですが……結局最後、ロロに助けられちゃうルルーシュ。うーん……。
というか、ロロ、ルルーシュの記憶が戻った事を確認した時点でこれまで通りなら即射殺してたはずなんだけど……何故だかすぐに殺さなかったんだよね。ルルーシュはそこから堕としていった訳だけど、あのとき即射殺できなかったロロはもうルルーシュを兄として慕って一緒に学園生活をしていた時間だけで既にルルーシュに情が移ってしまっていたのだろうね。本人は気づいてなかったかもしれないけど。
ルルーシュにしろ、最初は殺したいほど憎んでいたのに、最後はロロの事大切に思ってたしね。このあたりの二人の心境の変化の様子は、見ていて何も感じないほど自分は無感動な人間ではないぞ。
彼の唯一の肉親であった兄を助ける為に命を投げ出し最期を終えたロロは幸せだったろうな。
少し、羨ましい。

 シャーリー
最初はなんてことのない萌え要員だと思ってました。サーセン。
シャーリーのルルを思う気持ちと、父を殺した原因である事の板挟み。本来なら乗り越えられない程のものじゃなかったと思うんだけど、まあ、ああいう変な奴が来ちゃったのが彼女の不運だったのかなあ。
ルルーシュが捕らえられると思ったら人撃ってしまった程にルルーシュの事が好きだったのに、その想いさえも忘れさせられてしまった彼女は本当に不幸だったと思う。
このままではいけない。このままシャーリーのエピソードを終えてはダメだよ、と思っていたら……ギアスキャンセラー?(笑) 憎いですなぁ……そうきますか!
カレンにもなれなかったルルーシュにとって唯一の全てを委ねて信頼出来る、心を許せる人になれる可能性があったのに、警察の人振り切って行っちゃうんだもんなぁ……。愛のなせる行為ですかね。
少し逸れるけどシャーリー殺害を確認したルルーシュがその後現れたロロに対して、なんて言うのか僕は楽しみで仕方なかったんですが、まさかあんな言葉が出てくるとは……。あのときばかりはルルーシュすげえ、と心から思いました。いや、元から彼はずっとそういう行動をとり続けてはいるけどさ……。
ルルーシュの事を忘れたままではなく、記憶を取り戻した状態で、自分の意思で行動した結果として死んだ彼女は、まだ救われていた方だったろうなと思います。

 扇とヴィレッタ
二人はちょっと切り離して語れないので二人纏めて。
ヴィレッタを発見したのが扇だったので「ああ、よかったねこれでルルーシュの秘密は守られるよ」と思ったのですがまさかの記憶喪失展開とは……。
扇の人間臭さというか、情の深さというか、はどうしてもくすぐられるものがありますね。
諜報部の彼が言ってましたが彼がいたからこそってのもやっぱりあったんでしょうなあ。
こういう風にいろんな種類のキャラが描けるのって凄いよな……。
この二人が頭の隅で常に気になってたので、ヴィレッタも苦悩しつつ最後はちゃんと結ばれてくれたのでよかったよかったと。
このアニメのなかで一番幸せなカップルなんじゃないか? こいつら……と思わないでもない。

 皇帝
典型的悪役……じゃないよーん、をやったんだけど結果的にエヴァっぽくなっちゃった……てへぺろ☆ で済ませていいんだろうか……?
でも彼がギアスを使った時R2の2話は「あっ、ごめんそういう話だったんですね、うわっ私頭悪すぎ……」と思いました。すみません。
彼がV.V.を「兄上」と呼んだ時のインパクトというか、もなかなかいいですね。にやにやしちゃう感じ。
「シャルル、君はまだ若いね」「そうですかねェ、兄上ェ」だもんねぇ。
彼の演説や考え方は結構嫌いじゃない。(ただし人類補完計画を除く)

 ジェレミア
オレンジィィィィ!!! お前は俺のォ……!!
すみません、最初はジェリドポジションだと思ってました。
ルルーシュに全てを話したジェレミアはあまりに格好良くてちょっと惚れかかりましたな。
実は前述の同人誌で彼が最終的にオレンジ農園でアーニャと暮らすってのだけ知ってて何がどうやったらそうなるんだ、と興味津々で見てましたよ。まあリアルタイムで見てた人も「えええええええ!!!」と思ったそうですが(笑)
彼が他の人たちにかかっていたギアスをキャンセルしてあげたのかどうかは気になるところだ。

 アーニャ
うーむ。前述の同人誌から結構期待度の高いキャラだったんですが……こんだけ端役のキャラからあれだけの話を作れる妄想力って一体……。
キャラ愛って凄いね。いや構成力とか画力も凄かったんだけどさ……。
というわけで(僕にとっては)なんだかがっかりキャラに終わってしまった。残念すぎる。

 ロイド伯爵
「その矛盾は君を殺すよォ?」という名言を与えてくれた面白科学者。こういうキャラはいいよねぇ。
チャンスがあったら↑このフレーズ使わせて頂こう。


まー他は、特に語りたいキャラもいないかなあ……。


 ***********************************************************

いあー、しかし最近のアニメでは特に「これは!」というものがないなあ、と思っていたので久々に楽しませて頂きました。
ガンダム00とかも見たら面白かったりするのかなあ……?
SEEDがSEEDだっただけに(ちなみに種死じゃなくて無印)全然期待が持てないんですが……。
こういう面白いのを見ずに過ごしているのはあまりにもったいない上に色々とアレなので積極的に見ていきたいところですな。

見る時間が取れるならネットでゴニョゴニョと言わずレンタルするなりして全話見て欲しい作品でした。
 ***********************************************************

というわけでコードギアスを見る大きなきっかけになった某同人誌を読み返してみました。

ええええええええええええええええええええええええ……そういう意味だったの……

という台詞、シーンが乱発。
本編を見れば意味が分かるんだろうなあ、とは思ったものの、まさかそういう意味とは……。


「弱いのね、ココv …そっくり…v」とか


なんか……ああ、こういう近親相姦(???)もあるんだ……と。
恐るべし。

そして最終話の某オレンジ農園を見て描いたという続きの話。ギアスをキャンセルした直後のアーニャの回想(1コマだけ)

「さあこいマリアンヌ今日は生身でかわいがってやろう」

これの意味が(原作見ずに)分かってたまるか!!
いやあ、吃驚仰天ですなあ……ああ……そういう……。
そりゃ「思い出さない方がよかった」訳だわ……。


最後にこの同人誌の発行元の方について記しておきますね。

"Digital Lover"の"なかじまゆか"さんだそうです。
僕が買ったのは「DL-etc総集編」という本。
200P越えとはいえ、この表紙と裏表紙だけ(ビニ本でしたので)の中古ワゴン本を確か1800円ぐらい? だったと思うんだけどよく買ったなあ自分……。と思わないでもない。
結果的に大当たりだったのでむしろ「GJ!」だった訳ですが。
ちなみにこの総集編の本今(11年8月12日)とらで通販できるみたいっすね……。
というか、まあ当然の様に壁の方のようで……。

マイノリティなのかなあと思ってましたがツボに来る話を描く大手さんがいると知って嬉しかったとかなんとか。(まあ疎すぎるだけなのもありますが)
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント通りすがり | URL | 2011-08-25-Thu 21:17 [EDIT]
C.C.が裸だったのは文字通り貰ったものを全部返したからというのが答えっぽいです。まあ、奴隷時代のC.C.が所有してたのは布切れ一枚だけでそれも恵まれた生活してたから捨てたのでしょう。

ガンダムOOは自分は好きですが結構批評されてます。まあ、人を選ぶのかな?
コメント | URL | 2011-08-28-Sun 20:22 [EDIT]
あらコメント頂けるとは珍しい

「愛されることに飽いた」「もらったものは全て返した」「もう何もいらない」
ということなのですか
……ただそうなると
「これからは自分で生きていきたい」「自分自身を見て欲しい」
という風に考えず、あの”我が儘な”C.C.の様子はなんだか不思議に見えますね

00は……とりあえず今日

SS CCA
S 1st
A ∀ Z W
B V F91 ポケ戦 騎士ガンダム
C G ZZ 武者ガンダム
D 0083 UC(現時点+以後小説判断
E 08 X 

なる謎のランク表を見たので逆襲のシャアでも見ようかなあ……などと思っていたり
でもCCAや1stを一番上に持ってきてる人だからSEEDや00は当然評価されないだろうなー
とも思うし……悩ましくはありますね
と言いつつも僕もSEEDは最初の方だけ見たんですが面白くなかっただけになんともですが……。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/01 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 松明ブログ. all rights reserved.