松明が何か書きたくなったときに勝手に更新するblogです。
松明ブログ
忍者龍剣伝を20分切りでタイムアタック(RTA)する為の攻略法
2009-07-11-Sat  CATEGORY: ゲーム攻略
TECMOの往年の名作 忍者龍剣伝
忍者龍剣伝

を、20分を切るタイムでクリアするための攻略記事です。





■まえがき
忍者龍剣伝は確かに難しいゲームかもしれない。
ゲームセンターCXでは有野課長はクリアまでにADさん達の助けを借りても19時間もかかっているし、プレイしたことがある人の中でもクリアしたことのない人の方が圧倒的多数だろう。
だが、龍剣は様々な知識を持ち、数々のテクニックを駆使すればTASさんでなくとも20分ほどのタイムであればクリア出来るゲームでもある。
異論は当然あるだろう。
実際アクションが上手い人でも初プレイ時はクリアまで数時間以上かかることは普通であるし、6-4のボス戦で死ぬと残機があっても6-1まで戻される鬼仕様は心が折れてもなんら不思議はない。

だが、無敵時間&ノックバック制御・回転斬り・↓+Bキャンセル切りなどを身につけることでプレイする度にクリアまでにかかる時間は1時間、30分、20分……と驚くほどに減っていき、プレイヤーはこのゲームの真の楽しさを知ることになるのである

この攻略記事はそんな領域にちょっと興味がある人の為のものです。

(※もちろんここに書いてあることが絶対でも全てでもないので、それぞれ自分の攻略パターンを見つけて楽しく「お の れ 邪 鬼 王」して頂ければ幸いです)




■基本テクニックと攻略の為の基礎知識

 回転斬り
忍者龍剣伝でTA(タイムアタックのこと)する上でおそらく最も重要と思われる。
回転斬りは
・ジャンプ中に攻撃判定を出しながら無敵状態になることができる
・前進しながら出せる(=タイム短縮に繋がる)
多段ヒットする
など多くの重要な特性を持っている。
特にボスに対して使った場合(恐らく)1フレームごとに1発ダメージが入っているらしく、ワンジャンプで倒すことが出来る。
従ってTAにおいてはいかに回転斬りをボスまで持っていくかが重要になる

 ↓+Bキャンセル切り
回転斬りを持っている状態で忍術5以上の状態だとジャンプ中にBを押すだけで回転斬りが発動してしまうが、↓+Bを押すことで通常の斬りが出せる。
忍術ポイント(?)を温存しておく為にはとても重要であるが、↓+Bキャンセル切りには他にも重要な特性がある。
通常ジャンプ中にBを押してもワンジャンプでは2回しか斬りが出せないのだが、ジャンプ中に↓+B斬りを出すことでジャンプ中に3回以上斬る事が出来という特性である。
TAS動画などでは回転斬りの手に入らないステージ3や連戦となって忍術が没収される邪鬼王戦・邪神戦で驚異的な威力を発揮している。
手動では1ジャンプ中に出すのは3~5回が限界(自分は実際にTAで使える精度は4回が限界)と思われますがこのあたりはプレイヤーのテクニック次第かも。
実際ニコニコに上がっているRTA動画では邪鬼王に対して1ジャンプ中に3回以上斬りつけている様子が確認できる(マクロか何かかもしれないけれど)
このテクニックはRTAにおいては特に邪神戦で重要となる。

 無敵時間&ノックバック制御
始めのうちはリュウのノックバックをいかに上手く制御して持ち直すかがクリアの鍵になる。
ただの雑魚敵であっても一度ハマってしまうと一気に体力を削られてしまう。
こうなってしまう大きな理由の一つは無敵時間をきちんと把握出来ていないことにある。忍者龍剣伝は食らい時の無敵時間がないと思われているかもしれないが短いながらも無敵時間はきちんとあるのでその間に上手く抜け出して切り倒すなり無視して進むなりの処理をパターン化する事が重要である(その状態に陥らないようにするのがより良いのだが)
このあたりは文章で伝えるのは限界があるので各々習得していって欲しい。

 敵の復活
このゲームの難易度を飛躍的に上げている要素の一つ。
ある画面位置にいると出現して近づいてくる敵を倒しても即復活してくる。
これはわずかでも画面位置をずらした状態で敵を倒すだけで敵は復活しなくなるのでこれを知っておくだけでかなり楽になるはず。
特に6-2などではこれを知っていないと突破が難しいだろう。
ノックバック制御と併せてこれを上手く操作できるようになると道中のクリアが安定するはず。




■ステージ攻略
全ステージ共通して必要な忍術の位置と忍術ポイントの位置を覚える事が重要になる。
それぞれ何度もプレイしながら位置を覚えて欲しい。

 ステージ1
ポイントは3つ。

 ポイント1 回転斬りの取得
回転斬り
↑画面の右上のランタンに回転斬りがある。
ここは棍棒(?)をもったにーちゃんにうまくぶつかってノックバックを利用して登ると素早く進むことが出来る。


 ポイント2 ボクサーを利用してのノックバック登り
ノックバック登り
↑この位置には二人ボクサーがいるが二人目はわざと倒さずに飛び越えるようにしてダメージを食らい上に登ると看板を伝って素早く先にすすむ事ができる。


 ポイント3 ボス戦
ボス戦
↑回転斬りを当てる際に何も考えずにジャンプして当てるとこのように4だけ残ってしまう。
まずある程度接近してジャンプの昇り中にも当てるようにすると瞬殺する事ができる。




 ステージ2
ポイントは4つほど。


 ポイント1 足場張り付き
壁張り付き
↑ここの足場は張り付く事が出来るのでこれを利用すると少し早く進む事が出来る


 ポイント2 回転斬りの取得
回転斬り1
回転斬り2
↑回転斬りはこの2箇所にある。1つ目は必ずしも取る必要はないのだが、取ってもタイムロスにはならないし回転斬りを使った方が速く進めるので取った方がいいだろう。


 ポイント3 わざと食らってショートカット
コウモリ地帯1
↑ここはこの位置まで来れば
コウモリ地帯2
↑ここでわざと食らう事で上に登る事ができる。


 ポイント4 ボス戦
ボス戦
↑ステージ2のボスは見た目よりも食らい判定が奥にあり、画像の位置ではダメージは与えられない。伸ばしている手にはダメージ判定は無いのでボスの胸の中心点に当てるつもりで回転斬りを当てよう。
ちなみにこのボスの鎌は回転斬りを当てると一撃で壊せる。



 ステージ3
このステージのポイントは2つのみ


 ポイント1 炎波の術の入手
ステージ3では唯一回転斬りが手に入らない。そこでボス戦では炎波の術で戦うのがおすすめである。
炎波の術1
↑この位置で手裏剣を投げると
炎波の術2
↑このようにノータイムで炎波の術を手に入れる事が出来る。
ただしステージ3後半で死亡してしまった場合は風魔手裏剣で戦うか、ステージ後半↓ルートで炎波の術を手に入れるようにしよう。


 ポイント2 ボス戦
ボス戦
↑炎波の術はこのようにボスが落下してくるタイミングに合わせて使うことで3発まで同時に当てることが出来る。うまく当てて短時間で倒そう。



 ステージ4
ポイントは3つ


 ポイント1 回転斬りの入手
ステージ4では回転斬りは2つ手に入る
回転斬り1
回転斬り2
1つ目は前半、2つ目は中盤にある。それぞれあると道中が有利になるので取っておこう。
特に1つ目を無くした場合2つ目を取っておかないとボスで大幅なタイムロスをすることになる。


 ポイント2 回復アイテムの入手
回復
↑回復アイテムがここにあるので被弾が多くボス到達までに体力が無くなりがちという人は取るパターンを構築しよう


 ポイント3 ボス戦
ボス戦
↑ボスは左側が本体なので開始直後に回転斬りを当てればOK



 ステージ5
ポイントは6つ

 ポイント1 白い敵を風魔手裏剣で瞬殺
白い敵1
↑円月輪のようなものを投げてくる白い敵は被ダメが3という強敵だが風魔手裏剣を投げると円月輪ともども一撃で葬り去れる。他にも攻略法はあるがここを突破するのはこの方法がお手軽だろう。
白い敵1その2
↑慣れてきたら円月輪をジャンプでかわし、そのまま無視して進むことも出来るが、手前の柱に捕まらないように一瞬止まらなければいけないのでタイム短縮という意味では風魔手裏剣を使う方が安定するかもしれない。


 ポイント2 白い敵を無視して通過
白い敵2
↑5-1の最後にいる白い敵は、右を押しっぱなしにしてワンジャンプするだけで無視して先へ進む事ができる。
ここは風魔手裏剣で倒そうとすると飛び道具を後ろから食らってしまうので無視して進んだほうがいいだろう。


 ポイント3 回転斬りの入手
回転斬りの入手
↑ステージ5には回転斬りは画面左のろうそくにしかない。これをマルス戦まで持って行けるかどうかがタイム短縮の鍵になる。
ステージ5はここから先に難所が多いのでマルス戦まで回転斬りを持って行けたらラッキーぐらいに思っておいていいかも。


 ポイント4 回復
回復
↑回復がここにある。被ダメが多く辛いという人は取るパターンの構築を。


 ポイント5 ボス戦
マルス戦
↑回転斬りがあれば一瞬で終わるのだがマルス戦まで維持出来ない場合が多いと思うのでもってこれなかった場合について書いておくと、マルス戦では何故か必ず体力が全回復する(マルスが回復してくれているとしたらフェアな奴である)ので接近して斬っているだけで倒せる為特に苦労もしないだろう。



 ステージ6
ポイントは8箇所


 ポイント1 回転斬りの入手
回転斬り1
回転斬り2
回転斬り3
↑ステージ6には回転斬りは3つある。
1つ目があると6-1と6-2序盤が楽になるので取るといいだろう。
2つ目は6-2で死んでしまった場合直後必要となるので取らざるを得ない。また3つ目は寄り道しないと取ることが出来ないので出来れば2つ目をボス戦までもっていきたいところ。


 ポイント2 ジェット忍者を回転斬りで突破
ジェット忍者
↑2つ目の回転斬りを取った直後ジェット忍者が襲いかかってくる地点では回転斬りが無いと安定して突破するのは難しい。



 ポイント3 ショートカット1
ショートカット
↑画像の足場ギリギリからジャンプするとそのまま次のエリアに進む事ができる。


 ポイント4 ステージ6の難所
ジャグラー
↑おそらくステージ6道中最大の難所。ここは画面右の敵が非常に鬱陶しいのでこいつをなんとかしないと安定して先に進むのは難しい。
方法としては
1.回転斬りでそのまま切り倒して進む
2.手裏剣で倒す
3.スクロールアウトさせる
の3通りの方法がある。1が出来れば鳥も同時に倒せて一番楽なのだがここまで回転斬りを持って来れない場合も多いと思うので2・3についても解説する。
2はこのエリアの直前にある手裏剣でジャグラーが復活しない画面位置で倒して先に進む方法だが、ジャグラーが投げる剣に当たって上手く倒せなかったり、そもそもこのエリアで死亡してしまうと忍術なしでここを突破しないといけないのであまりおすすめの方法ではない。
3の方法がおすすめである。画像の位置で少し待つとジャグラーが
ジャグラー消失
↑このように勝手に消えるので上から襲ってくる鳥を切り倒せば問題なく先に進む事が出来るだろう。


 ポイント5 回復1
回復1
↑ステージ6には回復アイテムが2つある。そのうちの1つ目がここにある。
ダメージを食らうことが多いと思うのでHPが半分以下であれば取っておいた方がよいだろう。


 ポイント6 見えない足場
足場
↑ここは右上の壁につかまった後、右上→左上→右上、と移動すると乗ることができる。
ここから左に飛ぶと若干タイムを短縮出来る。
ただあまり差は出ないので無理にやる必要はない。


 ポイント7 白い敵
白い敵
↑ここは左を押しっぱなしにして白い敵は無視し、画面の位置で振り向いて河童のような敵を斬り倒すと安定するだろう。


 ポイント8 回復2
回復2
↑ボス直前の回復アイテム。特に回転斬りを持っていない場合ここでほぼ全快にしておくと安定しやすいかもしれない。
ただ回転斬りをボスまでもっていければボスは瞬殺出来、連戦ではHPは満タンになるのでボス戦が安定してこなせるなら取らないパターンの方がタイムは短縮出来る。


 ポイント9 ボス直前
ボス直前
↑ボス直前の敵ラッシュは第2の難所である。またここのろうそくには忍術が入っているので回転斬りを使うと他の忍術を取ってしまうので回転斬りを使って突破しようとするとかえって忍術ポイントとタイムのロスになってしまう。
おすすめは1体目のカンフーくんを切り倒した後右を押しっぱなしにして2体目のカンフーくんから1発もらうように動くこと。
こうすると右にノックバックする(画像の状態)ので、このあと無敵時間が切れる前に右にジャンプして扉に入ればいい。


 ポイント10 鬼面夜叉戦
鬼面夜叉戦
↑回転斬りをここまでもってこれれば中央の宝玉に回転斬りを当てるだけで倒すことができる。
問題は回転斬りをここまでもってこれなかった場合だが、その場合は画面の位置で↓+Bキャンセル斬りをすることで鬼面夜叉が接近する前に倒すことが出来る。
安定して↓+B斬りをしなければいけないので多少難しいがこれが出来ると回転斬りなしでも割と早く鬼面夜叉戦を終えることができる。


 ポイント11 邪鬼王戦
邪鬼王戦
鬼面夜叉戦を終えると忍術は全てボッシュートされてしまうので龍剣のみで戦わねばならない。また、ここで死ぬと残機が残っていても6-1までも戻されてしまうのでなんとしても勝ちたいところ。
基本戦術としては炎の間をすり抜けるか上下移動で炎をかわしながら邪鬼王が接近してくるタイミングと離れていくタイミングで斬りつけることの繰り返しである。
なお邪鬼王戦でも上手く↓+Bを使うと手動でもワンジャンプで2回斬りつけることも可能。


 ポイント12 邪神戦
邪神戦
↑邪神は、頭→尻尾→本体の順に倒すのが通常の攻略法なのだが、実は尻尾は壊さなくても倒すことは出来る。
ただその場合難易度が上がる上に本体に↓+Bキャンセル斬りで連打することが難しいので尻尾も壊すことをおすすめする。
本体は、↓+Bキャンセル斬りをいかに安定して当てられるかが重要になる。




■攻略動画
【ニコニコ動画】忍者龍剣伝RTA14分18秒
クリアタイム14分18秒(タイトル画面から邪神戦後タイムが0になるまで)
挑戦回数28回(うち1回バグリセット)

ニコニコ動画に上がっているRTAをかなり参考にさせてもらっています。難易度の高いパターンは使用していないので攻略の参考になればと思います。
この動画ではノーミスですが実際に1回だけプレイしたとすれば1~2回Game Overする事が多いので大体17分ぐらいのタイムに落ち着くことが多いです。




■あとがき
色々と攻略を書いてきましたが、実のところ自分はゲームがそんなに上手いわけではありません。
実際、某所のTAレコード一覧によるとそこに名前が載っている人だけでも上に載せた動画より速い人が10人以上いますし上位陣は12分台のタイムを叩き出しています。(09年7月12日現在)
けれども自分はこのゲームをタイムアタックすることの楽しさを知っているつもりです。
それを一人でも多くの人に伝えられればと思います。
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/01 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 松明ブログ. all rights reserved.