松明が何か書きたくなったときに勝手に更新するblogです。
松明ブログ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
西尾維新さんのジャンプ新連載「めだかボックス」読んだ
2009-05-12-Tue  CATEGORY: ゲームとオタク文化
西尾維新さんがジャンプで新連載を始めたと聞いたのでコンビニまでひとっ走りして読んできました。
にしても西尾さん絡みだと行動が素早くて自分でもちょっとキモイと思ってしまうがそれは忘れよう。

台詞回しの一つ一つが、らしくて、「ああ、確かに西尾さんが書いてるんだなぁ」と思わせるものがありますなぁ。
各種設定とかがジャンプらしくインフレしてるあたりも合ってるんだろうなぁとも思わせますが……自分の場合最初に見てまず何より気になったのがタイトルだったりする。
生徒会長が生徒から目安箱を通してよせられた問題を解決していくという話で、ヒロインが黒神めだかという名前なのでタイトルが「めだかボックス」というらしいのだけど……これ、このタイトルでずっとやっていけるんだろうか?
とりあえず1年生でいきなり生徒会長に就任するというのは話を作りやすくするためと、少なくとも3年まで在席できるから自然ななりゆきと思うとしても、意見箱からの相談を解決する話として「めだかボックス」というタイトルにしてしまうと、話が膨らんで学園の外に話が出たり、目安箱を離れたエピソードになったりといったときに困るような気がするのだけどいいんだろうか。
何か別の意味をもたせた展開を用意してあるのだろう、と思っていいのだろうか。

他には主人公が2歳からの幼なじみという設定らしいのだけど、読者に心境を近づけるためなのかそんだけ昔から連れ添ってる割には相手の事を良く分かってないんだなぁ……? と思わせる表現があるのだけど、そこはどうも主人公だけがヒロインを心配してくれるから特別、という論法らしい。
なんか納得がいかないんだけど無理矢理納得させられてしまいそうなのが不思議なところ。


調べると2月に読み切りが連載されていたらしい。
知っていれば読んだのになぁ。
少年誌に連載を持つというのは、ある人は戯言遣いシリーズは後半から少年漫画になった、と言っていたし、向いているんだろうなぁ。
しばらくチェックしておこうかと思います。
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/04 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


余白 Copyright © 2005 松明ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。